雌ライオンと呼ばれたゴーン夫人「キャロル」 略奪愛の履歴書

国際 週刊新潮 2020年1月30日号掲載

  • ブックマーク

「非情な独裁者」スターリンはグルジアワインを愛好したという。彼の大粛清で流れた血はワインの色に重ねられるが、日本脱出を果たしたゴーンと妻のキャロルがグラスを合わせたのも赤ワイン。冷徹なコストカッターの妻もまた非情だった……知られざる履歴を辿る。

 ***...

記事全文を読む