坪内祐三さん享年61 “自らを掘り下げて”逝く

国内 社会 週刊新潮 2020年1月23日号掲載

  • ブックマーク

 自宅の界隈にはキツネが出没し、住宅地で焚き火をしてもめったに怒られることはない――。坪内祐三さんが「玉電松原物語」(「小説新潮」に連載中)で描く50年前の東京・世田谷は、のんびりしていて、どこか謎めいた街だった。...

記事全文を読む