「原巨人」セ・リーグ連覇へ課題山積…昨年15勝「山口俊」の穴をどうやって埋めるか

スポーツ 野球 2020年1月16日掲載

  • ブックマーク

 昨年は原辰徳監督が復帰して、いきなり5年ぶりのリーグ優勝を果たした巨人。ライバルである広島からFAで獲得した丸佳浩を中軸として、しっかり機能させただけでなく、入団後にくすぶっていた山口俊や大竹寛を蘇らせた手腕はさすがと言うべきだろう。しかし、このオフは「FA宣言したら手を挙げるのが巨人」という言葉とは裏腹に美馬学(楽天→ロッテ)、鈴木大地(ロッテ→楽天)、福田秀平(ソフトバンク→ロッテ)の争奪戦にことごとく敗れる結果となった。逆に、昨年エースとしての働きを見せた山口が球団初となるポスティングシステムでメジャーへ移籍しており、その穴を懸念する声も多い。...

記事全文を読む