中曽根康弘 速記記者だけが知る「昭和の首相」の優しさと魅力

国内 政治 2019年12月30日掲載

  • ブックマーク

 2019年も数多くの有名人が鬼籍に入った。政界においては、中曽根康弘元首相が11月29日に101歳で亡くなったことは記憶に新しいところだろう。令和に入って、昭和時代の首相経験者はついに一人もいなくなったことになった。

 中曽根氏といえば、首相時代に、故レーガン米大統領と「ロン」「ヤス」と愛称で呼び合う関係を作り上げ、日米同盟を強化したことで知られる。奥多摩にある日の出山荘にレーガン大統領を招待した際も非常に話題になった。

 内政では「戦後政治の総決算」を掲げ、国鉄(現JR各社)、電電公社(現NTT)、専売公社(現JT)の民営化を進めるなど、数々の業績を残している。...

記事全文を読む