「中国」「インド」産のジェネリック薬が危ない 発がん性物質が検出も

ライフ 週刊新潮 2019年12月26日号掲載

  • ブックマーク

医者が飲まない「ジェネリック薬」(2/2)

 ハンバーグにたとえれば、肉は同じでもつなぎやこね方が異なる――ジェネリックと先発薬の違いについて、薬剤師の堀美智子さんはこんなふうに例える。たとえ主成分の特許が切れても、添加物や特殊なコーティング技術などの特許が残っているため、真似できない部分があるためだという。さらにジェネリックには、効き方の点以外にも問題があるのだ。

 ***...

記事全文を読む