梅宮辰夫さんが週刊新潮だけに語った秘話 「勝新さんから“玉緒と寝てやってくれ”と頼まれて…」

エンタメ 芸能 週刊新潮 2019年12月26日号掲載

  • ブックマーク

梅宮辰夫が週刊新潮だけに遺した言葉(1/2)

 昭和の銀幕スターは新時代の幕開けからまもなく81歳で生涯を閉じた。「仁義なき戦い」や「不良番長」で知られる梅宮辰夫さん(以下・敬称略)は、最晩年の3年間にわたってたびたび本誌(「週刊新潮」)の単独取材に応じてきた。6度目のがん闘病を告白した本誌だけに「辰兄」が遺した言葉とは――。

 ***...

記事全文を読む