忠臣蔵・大石内蔵助は何に一番お金を使ったのか?

ビジネス 仕事術

  • ブックマーク

 11月22日に公開された「決算!忠臣蔵」は、過去幾度となく映像化されてきた忠臣蔵の中でも異色の一作だ。タイトルからもわかる通り、この映画で徹底的にこだわったのは「お金」。従来の忠臣蔵ではほとんど考慮されていなかったが、「お家取り潰し」=「倒産」ととらえ、また「討ち入り」=「新規プロジェクト」と考えれば、お金の問題は避けて通れないことは自明の理。

 映画の中では、堤真一演じる大石内蔵助が思いもよらぬ出費に頭を悩ませる姿がユーモラスに描かれている。...

記事全文を読む