急増する訪日・在留外国人「医療」に「外国人看護師」活用すべし

国際 Foresight 2019年12月2日掲載

  • ブックマーク

【筆者:園田友紀

】(略歴は本文末尾に)

 私は福島県いわき市内にある「ときわ会常磐病院」に勤める看護師だ。

 病院勤務の傍ら、国際条約「経済連携協定」(Economic Partnership Agreement:EPA)によって来日したベトナム人看護師が日本の看護師資格を取得するための学習を支援している。

 先日、県内の介護施設より、

「ベトナム人女性を介護職として受け入れたいが、その家族が原発事故の影響を気にしているので、不安解消に協力してほしい」
...

記事全文を読む