中曽根康弘元首相を偲ぶ レーガン大統領が署名した「最高機密文書」で読み解く日米関係

政治 週刊新潮 2018年1月25日号掲載/12月1日掲載

  • ブックマーク

機密指定解除「NAKASONE」ファイル(2)

 11月29日に亡くなった中曽根康弘氏が、自民党総裁選で勝利したのは82年11月25日のことだった。実はその1カ月前、レーガン大統領は対日戦略を決定する重要文書に署名していた。「ロン・ヤス」関係が、まさに米国の用意周到なシナリオの産物であることを証明する、最高機密の中身とは――。ジャーナリストの徳本栄一郎氏が迫った(週刊新潮18年1月25日号より再掲載)。
...

記事全文を読む