「白鵬」の“エルボー”に横審が苦言 特注サポーター使用で異種格闘技という声

スポーツ 2019年12月1日掲載

  • ブックマーク

 大相撲九州場所千秋楽から一夜明けた25日、横綱審議委員会(横審)から取り口が見苦しいと批判された横綱白鵬(34)。史上最多の43回目の優勝を果たしたものの、遠藤(小結)に対する右腕から繰り出された“かち上げ”ならぬ“ひじ打ち”は、「もはや相撲ではない」と言われる始末……。

 ***...

記事全文を読む