仮面ライダー「中の人」が所有する「納屋モノ3億円カウンタック」に盗難騒動

国内 社会 週刊新潮 2019年11月28日号掲載

  • ブックマーク

 古い車好きのあいだでは、「納屋モノ」なる言葉がよく使われる。納屋などに放置されたまま長い年月が経ち、発掘されたクルマのことだ。ランボルギーニ・カウンタックの納屋モノが出たとなれば、業界の誰もが目を瞠(みは)り、夢想する。自分の手元に置きたい、と。

 カウンタックといえばスーパーカーの“王様”。1970年代のスーパーカーブームを知る世代には、“神”である。

 その納屋モノをめぐって、いま、埼玉県内で盗難騒動が起きている。所有者は、スーパーカーブームと同時代に一世を風靡した「仮面ライダー」の“中身”をつとめた人物。バイクスタント担当だった室町健三さん(73)だ。コトの顛末をご本人に語ってもらおう。

「私が仮面ライダーの仕事を引退した70年代後半、カウンタックLP400を2台、計8千万円で買いました。スーパーカーブームだったので、ショーやテレビ撮影に貸し出せば儲かると思ったのですが、急速にブームが去り、使わなくなった。それで、長年、倉庫に眠らせたままになっていました。これを知ったカウンタックマニア3人に、2台のエンジンを盗られてしまったのです」

 専門業者の鑑定によると、レストアすれば1台約1億6千万円の価値があるという。2台で3億超だ。エンジンがあれば、だが。

次ページ:2台300万円

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]