なんとかpayが多すぎてわけわからん! おじさんにキャッシュレス・ポイント還元活用のすすめ

お金の教養 ビジネス 2019年11月25日掲載

  • ブックマーク

 ペイペイうるさいと世間のキャッシュレスフィーバーに背を向けている諸兄も、実は損をしているのでは?と薄々気付いているのではないだろうか。現金しか信用できないという相談者に対し、創立17年のお金の学校「ファイナンシャルアカデミー」(https://www.f-academy.jp/)の講師・山本麗子先生がキャッシュレス事情について解説する。

現金しか信用できずキャッシュレスの波に乗れない53歳

読者代表:吉田正史さん(仮名・53歳)
新卒で入った中小企業で営業として勤続31年。高校生の長女と中学生の長男を育てる2児の父。年収は650万円で、マイホームは35歳の時に35年ローンで購入し絶賛返済中だ。目下の不安は退職後のお金のやりくりだが、お金に関する知識はやや不足気味。実はスマホに買い換えたのも1年前で、もちろんキャッシュレスにも乗り切れずにいる。

山本先生:吉田さん、消費税10%の生活には慣れましたか?

吉田さん:大きな買い物を控えているので、あまり実感ないですけどね。飲み代が自動的に2%アップでしょう? 「ちょっと一杯」が、だんだんボディーブローのように効いてきそうです。

山本先生:でも、今ならキャッシュレス・ポイント還元制度があるじゃないですか。クレジットカードやコード決済など上手に活用すれば、増税分、もしかしたらそれ以上お得です。

吉田さん:キャッシュレスねぇ。私は現金が一番信用できるんですよねぇ…。

山本先生:政府も、増税の痛みを和らげるとともに日本のキャッシュレス化を推し進めるという方針なんですよ。

吉田さん:なぜ政府はキャッシュレス推しなんですかね。オリンピック・パラリンピック需要はわかりますけど…。

山本先生:キャッスレス化が進めば、個人の利便性や事業者の生産性が高まるのはもちろん、お金の流れがデータ化され、不透明な現金のやりとりの抑制で、結果、税収向上にも繋がります。政府はキャッシュレス決済比率を将来的に世界最高水準の80%を目指しているんです。

吉田さん:うわ~、根こそぎ税金で持っていかれそうです!

山本先生:お金の流れがデータ化されるので、手間なく確定申告ができるようになり、払いすぎた税金を楽に取り戻せます。脱税のために所得隠しをしたいのでなければ、むしろ良いことですよ。マイナンバーとリンクさせて、社会保険の申請などはオンラインで可能になると思います。

次ページ:クレジットカードを賢く使えばキャッシュレス生活を満喫できる

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]