「偽装留学生」増やし続ける「文科省」「マスコミ」「学会」の大罪(上) 「人手不足」と外国人(39)

国際 Foresight 2019年11月25日掲載

  • ブックマーク

 法務省出入国在留管理庁が10月25日に発表した統計によれば、在留外国人の数は今年6月末時点で282万9416人に達し、過去最高を更新した。昨年末からの半年間で10万人近い増加である。

 増加分の4割以上を占めたのがベトナム人だった。その数は37万1755人に達し、2012年末からの6年半で7倍以上も増えている。国籍別で中国の78万6241人、韓国の45万1543人に次ぐ数で、近い将来、韓国を抜く可能性が高い。

 在留資格別では、「技術・人文知識・国際業務」(技人国ビザ)が13.6パーセント増えて25万6414人、「技能実習」が12パーセント増の36万7709人となった。...

記事全文を読む