「ビートたけし」年下愛人からパワハラ被害で提訴 “殿の元運転手”が実名で告発

芸能 週刊新潮 2019年11月21日号掲載

  • ブックマーク

 昨年の事務所独立騒動につづき、今年6月には糟糠の妻との離婚が明らかになるなど、ビートたけし(72)の「異変」が立て続けに取り沙汰されている。背景には、現事務所の取締役で18歳年下の愛人・横井喜代子氏(仮名)による“洗脳”があるとされる。たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で告発する。

 ***...

記事全文を読む