ポスト「水ト」に急浮上 日テレ新人「河出奈都美アナ」が持つ人気アナの三要素

芸能 2019年11月8日掲載

  • ブックマーク

 10月28日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ)は、チュートリアル徳井義実(44)がレギュラー出演しているので、注目度も高かった。おかげで、大いに得をしたと思われ出演者がいる。同局の新人アナ・河出奈都美(23)だ。

 ***

 番組冒頭で、「この番組は8月9日に収録されたものです」とのテロップが入った。徳井の税金の申告漏れと社会保険の未加入が発覚する前の収録だから、ちょっと映っちゃっても大目に見てね、といった意味合いなのだろう。

 ともあれこの日、最初の企画は、芸能事務所に所属しないフリーでありながら、売れっ子となっているタレント・フワちゃん(25)の海外行きまくりのプライベートに密着だった。

 2つ目の企画が、恒例となった日テレ新人アナの密着だった。今回は今春入社した河出アナで、この日23時からの「news zero」デビューに合わせて紹介された。日テレ関係者は言う。

「10月から同期入社の杉原凜(23)が『ZIP!』、大町怜央(24)が『Oha!4 NEWS LIVE』のレギュラーとなりましたが、彼女はそれを差し置いて、看板報道番組の『news zero』に度胸の良さを買われて抜擢されました。『深イイ話』でも単独密着ですからね、日テレ上層部の期待も大きいということでしょう」

「深イイ話」では、彼女が「news zero」デビューするまでを密着して紹介。まずは、アナウンス部次長・豊田順子アナ(53)による、“鬼のアナウンス研修”。1対1の対面で、河出アナに天気予報の原稿を読ませ、ダメ出しを繰り返す。声に気持ちが乗っていないとの指摘がこれだ。

豊田アナ:読むんじゃなくて、伝えてごらん。AIが読むんだったら、AIに読ませりゃ、あなたの人件費、いらないから! ウフフフフ……。

 これが女子アナの世界なのか……。だが、彼女は挫けない。というか、あっけらかんと「(台本をあまり)見ないでいいですか?」と自らハードルを上げ、大先輩に挑んでゆく。確かに度胸はいいようだ。

次ページ:素質は十分

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]