馬淵澄夫はなぜ山本太郎と勉強会を立ち上げたのか 警戒する立憲民主が妨害?

政治 2019年11月7日掲載

  • ブックマーク

 ボディビルは趣味。その鍛えられた肉体は、映画「ターミネーター」主演のアーノルド・シュワルツェネッガーのようだと永田町でネタになったほど。民主党政権時代に国交相だったが、尖閣諸島の中国漁船衝突映像流出事件の責任をとり辞任。会見では「I'll be back(私は戻ってくる)」と映画のセリフそのままを残して去った。その後、党代表選に出馬するなど復活したが、2017年の総選挙では希望の党の合流騒動に巻き込まれ落選してしまう。...

記事全文を読む