立民「枝野幸男」が「山本太郎」をオフレコで“ピンクの羊”呼ばわり、そのココロは…

政治 週刊新潮 2019年10月17日号掲載

  • ブックマーク

 面と向かって“好き”とは言えない。だけど、気になる存在です――。学生時代の甘酸っぱい青春の一ページではないが、“恋”の行く末には安倍総理も目を離せないという。野党が密かにラブコールを送るのは、臨時国会の裏の主役を張るカレ、れいわ新選組を率いる山本太郎代表(44)だ。...

記事全文を読む