小泉進次郎がコケているのに、なぜ安倍総理は平然としていられるのか

政治 週刊新潮 2019年10月17日号掲載

  • ブックマーク

「一強」が続きすぎるのもどうかという気がするが、「民主党プレイバック」の野党統一会派にも辟易する。出口が見えない我らが国会は揺蕩(たゆた)うばかり。そんな漂流国会における、「タロー」「ジロー」たちの物語。彼ら狂言回しが導く先を、覗いてみるのもまた「一興」。...

記事全文を読む