従軍慰安婦を巡る発言で訴えられた「親日派教授」 講義を記録した音声データの中身は

韓国・北朝鮮 2019年10月16日掲載

  • ブックマーク

「慰安婦」を巡る歴史認識が刑事告発される

「従軍慰安婦は売春婦だった」――。こんな趣旨の発言をしたとして、いま激しい批判の矢面に立っているのが韓国・延世大のリュ・ソクチュン社会学科教授(64)だ。

 韓国の市民団体「庶民民生対策委員会」は9月23日、虚偽事実流布、名誉毀損、セクハラなどの疑いでリュ教授をソウル西部地検に告発。10月8日には、同地検の捜査が本格化していることが報じられた。...

記事全文を読む