「政変」勃発ペルー「大統領VS.フジモリ派」の行き着く先

国際Foresight 2019年10月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 経済的低迷が続く中南米諸国の中で堅調な実績を誇ってきたペルーだが、汚職対策を巡る政府と議会の対立が昂じて大きく揺れている。危機の収拾を誤れば持続成長にも影響が及びかねない深刻な事態だ。

 ペルーは2018年までの20年間、中央銀行発表の公式統計では、年平均4.7%のGDP(国内総生産)成長率を記録、2004年に人口比58.7%を占めた貧困人口も2018年に20.5%まで削減された。その社会経済実績はIMF(国際通貨基金)などの国際機関からも極めて高い評価を得てきた。...

記事全文を読む