大嘗祭で使用の京都産「キヌヒカリ」と栃木産「とちぎの星」気になるお味

社会週刊新潮 2019年10月3日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 天皇の即位後に行われる大嘗祭(だいじょうさい)は、一代に一度の大祭だ。令和の御代は11月に行われる見通しで、神々へ捧げられる新米は京都府産と栃木県産が選ばれた。さて、そのお味は?...

記事全文を読む