世界選手権で露呈、日本のお家芸「レスリング」が抱える東京五輪への不安

スポーツ 2019年10月2日掲載

  • ブックマーク

 中央アジアはカザフスタンの広大な敷地に次々と巨大なビルが建設される宇宙都市のような新しい街、ヌルスルタン。不思議なことにほとんど年寄りを見かけない(犬も猫も)。円形の巨大なバリス・アリーナは本来、地元のアイスホッケーチームの本拠地。だが、報道陣は約50人と日本が圧倒的で、外国報道陣はすべて合わせても30人いるかいないか。見た人は「日本人はみんなレスリングをやっているのか」と思ってしまうだろう。9月14日から22日まで行われたレスリングの世界選手権を振り返る。...

記事全文を読む