東京新聞「望月衣塑子記者」が天敵「菅官房長官」のモノマネで政権批判

国内 社会 2019年9月27日掲載

  • ブックマーク

 三連休の中日となる9月22日、東京・文京区民センターで「安倍政権のこと、全部しゃべります」というタイトルで、東京新聞の社会部記者、望月衣塑子氏が講演を行った。彼女は森友学園・加計学園問題を追及。2017年6月6日、官邸で行われた菅義偉官房長官会見では、20分で23回質問したことで注目を集めた。今、安倍政権に最も批判的な新聞記者なんていう声もあるが、講演をのぞいてみると……。

 ***...

記事全文を読む