高市早苗総務相、かつて告白した激痛難病「関節リウマチ」は今…本人直撃

国内 政治

  • ブックマーク

 9月11日の内閣改造にあたっては、入閣候補者たちの“身体検査”が行われた。そんななか、文字通りの意味での身体検査が気掛かりだったのは高市早苗総務相(58)だ。彼女は2013年、週刊新潮に「関節リウマチ」という治療困難な病を患っていることを告白している。当時の彼女の発言を再録すると、

「夜は手足の関節にモーラステープという鎮痛消炎薬を貼ってから寝て、朝は早めに起き、お風呂に入って手指の強張りをほぐしています。そうしないと、早朝の会議でメモを取れないものですから」...

記事全文を読む