広島・バティスタの「ドーピング騒動」が日本球界に投げかけた「大きすぎる問題」

野球2019年9月26日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 セ・リーグのペナントレースは、巨人、DeNA、広島の三つ巴の戦いが長く続かず、巨人が5年ぶりの優勝を果たした。3連覇中で優勝候補だった広島は、田中広輔や松山竜平といった主力が不調に苦しみ、本来の強さを取り戻せなかった。...

記事全文を読む