握りこぶし大フェイスの多部未華子が不正をただすデトックス作品「これは経費で落ちません!」

  • ブックマーク

Advertisement

 不正を許さない。大多数の人はそう思っている。それなのに、ああ、それなのに。不正をもにょもにょと誤魔化して、だんまりを決め込む人々の塊がこの国を動かす悲劇。そんな中、不正を見つけたら居ても立ってもいられない性分の女が主人公のドラマに、ひとり快哉を叫んでいる。「これは経費で落ちません!」である。

 主役は握りこぶし大フェイスの多部未華子。貸借対照表がピタリとハマる瞬間に快感を覚える経理部女子。少しでも不正の匂いがすると徹底的に調べてしまうのだが、過去にカラ出張&横領を働いた営業男性を退職に追い込んだことがある。その男は結婚間近で、相手の女性に多部は責められた。「ウサギを追うな」と自分に言い聞かせるも、結局は追及しちゃって解決に導く。

 感情的にならず理路整然、それでも多少の恩情と優しさを含む多部の対処が気持ちいい。不正をただすヒロインは傍若無人に描かれがちだが、彼女は実にまっとうで説得力もある。そんな多部ちゃんのいる経理部がこれまた最高の布陣なのよ。

 経理部長にはミスター軽妙・吹越満、先輩に平山浩行、後輩に伊藤沙莉。この経理部の面々のバランスが磐石。真面目すぎず、ふざけすぎず。後半ではここに外資系かぶれの転職組・江口のりこが加入。絵ヅラといい、会話の絶妙な間合い&テンポといい、私、垂涎。特に吹越&沙莉の丁々発止は大好物。滑らかにボケる吹越、間髪を入れずにツッコむ沙莉。安定の小劇場だ。

 で、やたらと経理部を見下す角田(かくた)晃広は営業部長、その腰巾着に高橋洋(よう)、本当は研究開発希望だが、うっかり営業部エースの桐山漣。営業部は営業部でわかりやすく体育会系。その下っ端にいるのが重岡大毅。笑顔がアードマン・アニメーションズのクレイアニメのようで妙に癒される。この重岡が多部に猛烈アタック。奥手の多部も次第に心を掴まれて……という、ちゃんとラブコメにもなっている。女子にとっては最凶の敵・筧美和子も参戦するらしく。

 忘れちゃいけない総務部も。優柔不断な部長・モロ師岡の下で、お茶くみにやりがいを見出す伊藤麻実子。画面の端できっちり役を遂行する役者が揃っているから、この会社は磐石である。

 毎回のゲストというか不正を働く社員たちも適材適所でちょうどいい。片瀬那奈、岡崎体育、平岩紙にベッキー、山中崇にでんでん。心改める者もいれば、追放される者も、自ら去る者も。

 勧善懲悪でもなく、人情噺に自己陶酔するでもなく、すべては正しい会社運営のため。経理上の数字を根拠に、不正と疑惑を捌く多部&経理部。想像以上にスッキリするので、今夏のデトックス作品として推奨する。

 もうひとつ特長を。シーンが切り替わる直前の余白というか余韻というか、微妙な「間」がある。最近のドラマでは会話の途中でバッサリ切って、その悲哀を嘲笑するのが主流。でもこのドラマは、気が済むまで映し出す(ような気がする)。オチがあろうとなかろうと、本来は割愛されそうな「間」が活かされる。微かな優しさを感じる。気のせいかな。

吉田潮(よしだ・うしお)
テレビ評論家、ライター、イラストレーター。1972年生まれの千葉県人。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。2010年より「週刊新潮」にて「TV ふうーん録」の連載を開始(※連載中)。主要なテレビ番組はほぼすべて視聴している。

週刊新潮 2019年9月26日号掲載

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。