三吉彩花の直談判も虚しく…前評判の高かった映画「ダンスウィズミー」は残念な結果に

映画2019年9月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 8月16日に封切られた三吉彩花(23)主演の「ダンスウィズミー」(矢口史靖監督[52])は、公開3週目から映画館はすでにガラガラ、4週目に入った現在、都内では1日1回しか上映しない劇場もかなり出始めている。

 前評判が高かっただけに、大コケとの声も上がっている。主演を務めた三吉彩花の胸中や如何に。

 ***

 矢口史靖監督と言えば、「ウォーターボーイズ」(2001年:興行収入9億2000万円)で妻夫木聡(38)を、「スウィングガールズ」(04年:21億5000万円)で上野樹里(33)をスターの座に押し上げた実績の持ち主だ。業界関係者は言う。

「最近の邦画はベストセラーの原作漫画にスターを合わせた作品ばかりですが、矢口監督は自身が考えたオリジナル脚本にこだわる人です。なので、脚本に合った役者をオーディションで見つけることから始まります。『ウォーターボーイズ』は男子生徒のシンクロナイズドスイミングでしたし、『スウィングガールズ』は女子生徒のスウィングジャズビッグバンドですので、選ばれた役者たちは猛特訓をしてクランクインするわけです。今回の『ダンスウィズミー』も同じ。催眠術をかけられ、音楽を聴くと体が勝手に踊り始め、歌わずにはいられなくなるというミュージカルコメディの主演に選ばれたのが、モデルで女優の三吉彩花でした。モデル出身ということもあり、高い身長に長い手足は、ミュージカルにはピッタリ。吹き替えなしとのことで、かなり練習を積んだこともあり、前評判も高かったのですが……」

 例えば、朝日新聞はこう報じている(註:以下、引用は改行を省略)。

〈少女から大人の女性へ。映画を見ていると、時々そんな瞬間に立ち会える。「旅立ちの島唄~十五の春」で中学生を演じていた彼女が、6年ぶりの主演映画「ダンスウィズミー」で見事の変貌を遂げていた。日本では珍しい本格的ミュージカルだ。元々背が高かったが、「さらに伸びました」と笑う。手足がスラリと長く、歌い踊る姿が映える……〉(「朝日新聞」8月2日付夕刊)

次ページ:私、何でもやります!

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]