「プレジデンツカップ」キャプテン「A・エルス」が世界にもたらす「勇気」と「希望」 風の向こう側(54)

国際 Foresight 2019年9月10日掲載

  • ブックマーク

 長年のゴルフファンなら、アーニー・エルスという選手をご存知のことと思う。

 南アフリカ共和国出身のエルスは現在49歳。1994年と97年に「全米オープン」で優勝し、2002年には「全英オープン」も制したメジャー3勝、米ツアー通算19勝を挙げたスーパースターだ。長身と長い腕を活かし、ゆったりとしたリズムでスイングするエルスは「ビッグ・イージー」と呼ばれ、世界中のファンを沸かせた。

 だが、エルスにはメジャーチャンピオンに輝いたプロゴルファーという以外にも、とてもユニークな顔があり、彼の生きざまは、人々に勇気や希望をもたらしている。...

記事全文を読む