世界柔道選手権、イランが“イスラエルボイコット”を指示 激怒したIJF会長の決断は

国際 2019年9月10日掲載

  • ブックマーク

 日本武道館で9月1日に閉幕した柔道の世界選手権。日本は男女それぞれ7階級の個人戦で合計のメダル15個(金4、銀6、銅5)。さらに五輪史上、東京五輪で初めて採用される男女混合の団体戦も接戦でフランスを破って優勝し、本家の面子を保った。ルール改正などで、かつてのように「有効」や「効果」などのポイントを取って「逃げ勝ち」することができず、一本勝ちが激増するなど、テレビ視聴者にもわかりやすくなった。...

記事全文を読む