がん患者が笑顔で出ていく「がん哲学外来」という場

ライフ 2019年8月18日掲載

  • ブックマーク

 著名人ががんになった際には、治療法や回復の見込みなどの関連情報が多く報じられる。こうした情報はもちろん有益なものであるが、患者や家族が欲しているのは医学的な情報だけではない。

 むしろ多くの悩みは、「情報」では解消できないところにあるのだ。

 順天堂大学医学部教授の樋野興夫氏は、そうした悩みを解決ではなく、解消するために「がん哲学外来」という「対話の場」をつくった。そこには数多くの悩める患者や家族が訪れ続けている。そして、不思議なことに対話を終えた患者の顔には笑顔が浮かんでいるという。...

記事全文を読む