舞鶴女子高生殺人で無罪判決の「中勝美」、再び殺人未遂で逮捕、“獄死“の数奇な人生

社会2019年8月16日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 3年前の夏に病死したその男は、かつて凶悪事件で無罪が確定し、世間の注目の的となった人だった。しかし、彼が最期を迎えた場所は……。

 2016年7月11日、67歳で死亡した中勝美元受刑者は、2008年5月に京都府舞鶴市で発生した女子高生殺害事件(以下、舞鶴事件)で、殺人と強制わいせつ致死罪に問われていたが、2014年7月、最高裁で無罪が確定した。この事件について中勝美は、府立高校の1年生だった小杉美穂さん(15=当時)に対し乱暴目的で、頭や顔を鈍器で殴り殺害したとして起訴されていた。...

記事全文を読む