「ゴールデンバット」と「わかば」「エコー」廃止で分かれる明暗

企業・業界 週刊新潮 2019年8月8日号掲載

  • ブックマーク

〈とりとめのない楽書をしながら、バットを7箱も8箱も吸い〉。小説『富嶽百景』にも登場する「ゴールデンバット」。太宰治も愛喫した煙草が10月以降、在庫の販売を最後に廃止される。同時に「わかば」と「エコー」も姿を消すが、両者の今後には大きな違いがあるという。...

記事全文を読む