石崎徹代議士の「カネと女と事件」 元秘書が明かす「ブラック労働」の実態

国内 政治 週刊新潮 2019年8月1日号掲載

  • ブックマーク

秘書5人が集団告発「石崎徹代議士」のカネと女と事件(2/2)

 自民党“魔の3回生”、石崎徹代議士による暴行被害者は1人のみにあらず。週刊新潮の取材に、計5人の元秘書たちからの「Me Too」の声が相次いだ。さらには、カネと女への汚さも明るみに……。

 ***

 石崎代議士は、慶応大卒、財務省出身の「エリート」。バツイチだが、女性関係も派手で、「8人彼女がいる」と周囲に漏らしていたのは週刊新潮7月25日号で紹介した通り。

「地元でも毎晩のように夜は女性と会っていましたね」

 と述べるのは、元秘書氏である。

「それはご自由ですが、ものすごいケチなんです。仕事は(夜の)7時で終わっているのに、9時に待ち合わせするんですよ。で、その間、事務所で弁当を食べて時間を潰している。7時から会うと一緒にご飯を食べて奢らないといけないでしょ。だから会合があることにして遅い待ち合わせにしていたんです」

 人間の小ささがよくわかるエピソードである。

「金に細かいのは確かです」

 と頷くのは、別の元秘書氏だ。

「ある時、ラーメンを奢ってもらったんですが、その後、仕事でミスをしてしまった。そうしたら“さっきのラーメン代返せ!”となったんです。あんまりバカバカしいのでお言葉どおりに返したことがありましたよ。自意識過剰、被害妄想の塊で、移動中の車の中で突然“誰かに見られているような気がする”と言い出し、それをまくため、周辺をグルグル回らされたこともあります」

次ページ:ブラック事務所

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]