吉本興業が東京で「弱小」だった頃

芸能2019年8月1日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 いわゆる「闇営業問題」に端を発した吉本興業をめぐる騒動で明らかになったのは、内部の関係者も、外野もそれぞれの「ヨシモト観」を持っているということだろう。昔ながらのファミリーだと捉えている者もいれば、単なる芸能事務所、一企業だと考えている者もいる。その違いがまた騒動を拡大するのに一役買っているという構図があるようだ。

 こうした違いを生む原因の一つとしては、同社がこの数十年で急成長したことが挙げられる。今ではテレビ界、芸能界の本流にいるかのように見える吉本興業だが、東京進出は決してそう昔の話ではない。...

記事全文を読む