本塁打激増なのにロッテは低迷…「ホームランラグーン」新設は正しいのか?

野球 2019年7月22日掲載

  • ブックマーク

 千葉の空に、連日のように花火が打ちあがっているー。ロッテの本拠地・ZOZOマリンスタジアム(千葉マリン)には、今年から「ホームランラグーン」が設置された。従来の外野スタンド前方へフェンスを作り、せり出す形で客席を増加。両翼、中堅の距離に変化はないが、右中間、左中間の膨らみが極端になくなり、本塁打の出やすい球場となった。「本塁打は野球の華」と言われるが、思惑通り、昨年までを大きく上回る本塁打が飛び出している。...

記事全文を読む