元NMB渡辺美優紀「充電中」にイケメン俳優・小南光司と半同棲、警察沙汰になっていた

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 かつて、大阪を拠点とする「NMB48」で山本彩(さやか)とWセンターを務めた“みるきー”こと渡辺美優紀(25)。2016年夏にグループを卒業した彼女は、昨年7月、芸能界に復帰した。以降の活動は順調だが、表舞台から姿を消していた「空白の2年間」に演じた愛憎劇は知られていない。

“みるきー”のNMBとしての活動は6年。そのあいだに出した写真集やDVDはヒット続きで、15年のAKB総選挙では12位に食い込んだ。一方、モデルの藤田富(とむ)とのお泊まりを「週刊文春」に撮られたり、卒業まで所属していた吉本興業系列の事務所とのトラブルが報じられたりと、“お騒がせアイドル”の一面も。

 しかしながら、復帰後の首尾は上々である。復帰ライブを成功裡に終わらせると、今年はつんく♂や「いきものがかり」の水野良樹から楽曲提供を受けたアルバムをリリース。「秘密のケンミンSHOW」や「浜ちゃんが!」といったバラエティ番組にも出演し、活動の幅を広げているところだ。

 さてここからは、彼女の、知られざる愛憎劇を。

「あれは17年、10月半ばのことです」

 と、渡辺の知人が当時を振り返る。

「みるきーはモデル上がりの小南(こみなみ)光司という俳優と半同棲状態でした。問題の日の夜、東京の港区内にある彼女のマンションで、痴話喧嘩の末に警察沙汰になってしまったんです。酒に酔った小南が暴行を働き、彼女の通報で警察官数人が駆けつけた。小南は三田警察署で事情を聴かれたものの、逮捕には至らなかったといいます」

 このころ“充電中”だった渡辺のSNSなどには、舞台や映画を観て、食事やカフェに行く日々が綴られる。その裏に、こんな事実が隠れていたとは――。

次ページ:「スマホを投げた」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]