米ゴルフ界も声を上げた「プライド月間」日本にも浸透を 風の向こう側(50)

国際Foresight 2019年7月9日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 毎年6月は「プライド月間(Pride Month)」。米国をはじめとする世界各地で、もちろん日本でも、LGBTの人々の権利や文化、コミュニティへの支持を示すさまざまな催しが毎年、繰り広げられる(編集部注:現在は「LGBT」に加え、性自認や性的指向が未定の人も加えた「LGBTQ+」という呼称もあるが、本稿ではLGBTを使用。また、日本ではとくに「プライド月間」ではなく「東京レインボーウィーク」との呼称で各種の催しがあるようです)。

 これは、1969年に米ニューヨークのグリニッジ・ビレッジにある「ストーンウォール」なるゲイ・バーで警察による弾圧が行われた際、LGBTの人々が集団で立ち向かった「反乱」が発端となり、翌1970年以降、年々拡大しているLGBTの権利獲得運動「ゲイ・プライド(LGBTプライド)」の一環だ。...

記事全文を読む