「盗票」が嘘と見抜かれた「イスタンブール市長再選挙」

国際Foresight 2019年7月8日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 6月23日にやり直されたイスタンブール市長選挙では、野党連合の「共和人民党(CHP)」候補エクレム・イマムオールが54.2%の得票率で、与党連合の「公正発展党(AKP)」候補のビナリ・ユルドゥルム(45.0%)に9.2ポイント差をつけて当選した。与党の「自党の票が盗まれた」との主張を有権者がフェイク(嘘)と見抜いたからである。

 この結果は、有権者とレジェップ・タイイップ・エルドアン政権にとって何を意味し、今後にどのような影響を与えるのか。本稿ではイスタンブール市長選挙やり直しの経緯、選挙結果、選挙後の政界動向を概観し、4年以内に実施される大統領・国会選挙を展望する。...

記事全文を読む