日比関係を強める「ミンダナオ和平」日本の貢献 新・日本人のフロンティア(1)

国際Foresight 2019年7月8日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今年4月、フィリピンを訪ねた。JICA(国際協力機構)理事長になってから3度目で、一番多く行った国の1つである。東京でもロドリゴ・ドゥテルテ大統領をはじめとしてフィリピン要人とは何度も会っているので、一番接触の多い国と言ってもよいだろう。

 フィリピンは面積が約30万平方キロ、人口が約1億人で、どちらも日本の約8割である。しかし人口増加率は高く、日本の人口を超えるのは時間の問題である。経済成長もめざましく、この点でもJICAはいろんなかかわりを持っている。...

記事全文を読む