イスラーム教「ラマダーン」で「糖尿病」と「妊婦」への留意点

国際Foresight 2019年7月1日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

【筆者:森田知宏・内科医】

 6月3日、今年の「ラマダーン」が終わった。ラマダーンは、イスラーム教の断食を行う月として知られており、今年は5月5日から6月3日までであった。よく知られているように、ラマダーン期間中は日の出から日の入りにかけて飲食をせず、人によっては唾液すら飲み込まない。

 ラマダーン期間中は宗教的に厳正な暮らしを送ることになっており、飲食だけでなく、喧嘩や悪口、喫煙や性欲を抱くこと(あくまで日中に限る)に至るまで禁止されている。

 日本に留学しているイスラーム教徒のバングラデシュ人大学院生は、普段なら牛肉を抵抗なく食べていたが、ラマダーン中だけは「ハラール」と呼ばれる、宗教的な手続きを経た上で処理された肉を食べたいそうで、その入手に腐心していた。...

記事全文を読む