投資信託で3千万円が200万円に…私はこうして定年資産を溶かしました

ビジネス 週刊新潮 2019年6月27日号掲載

  • ブックマーク

私はこうして定年資産3千万円を溶かした

 では論より証拠、だ。

 実際に虎の子の老後資金を、投資の魔力に負けて目減りさせてしまったケースを紹介しよう。

「現役時代は職業柄、手を出しませんでしたが」

 と言うのは、70代の元団体職員である。

「退職時、退職金とは別に、『貯蓄型生命保険』から1千万円が戻ってきたのを機に、思い切って“投資デビュー”してみたんです」

 対象は株とFX。株には600万円をつぎ込み、銀行、自動車、百貨店、そして東電、東芝、ソニーなど、「手堅い」とされるところばかりを購入してみた。

 しかし――、

「買った後に東日本大震災で東電株が120円まで下がった。さすがに売りに出し、いきなり47万円損をしたんです」

 出だしで躓いてしまった。それ以降は値上がりと値下がりを繰り返しつつも、ここ数年の百貨店、地銀株の下落が響き、現在のところの評価額は466万円。マイナス134万円の「2割減」だという。

「FXでも損を出しています。今となっては退職金に手を付けなかったのが救い。これで退職金も、となっていたらぞっとしますね」

次ページ:夫婦で生活保護

前へ 1 2 3 4 次へ

[3/4ページ]