池江璃花子を救うか? 液体ノリ「アラビックヤマト」が白血病治療の一助に

ライフ 週刊新潮 2019年6月13日号掲載

  • ブックマーク

 白血病と闘う競泳の池江璃花子選手に朗報かもしれない。東京大学医科学研究所と日本医療研究開発機構は5月29日、東大の山崎聡特任准教授率いる研究チームが白血病治療に必要な「造血幹細胞」の大量培養に成功したと発表。驚くべきことに、実験で使われたのは市販の液体ノリ「アラビックヤマト」だった。...

記事全文を読む