令和初の真打「瀧川鯉斗」は落語界一のイケメン、元暴走族リーダーという意外な過去

エンタメ 2019年6月9日掲載

  • ブックマーク

 今年5月、落語界随一のイケメンといわれる噺家が真打に昇進した。瀧川鯉斗(たきがわ・こいと:35)、身長182センチ、体重71キロ、まるでモデルのようで、すでにティファニーのWEB-CMでは山本美月(27)との共演までも果たしている。師匠は“脱力系”として知られる瀧川鯉昇(りしょう:66)だ。だが、この弟子、脱力どころか、地元の名古屋では肩で風を切って生きてきた過去があった――。

 現在、真打昇進披露興行の真っ最中である鯉斗師匠インタビュー。

 ***...

記事全文を読む