川崎20人殺傷事件 「エリート標的」と「拡大自殺」に見る宅間守への崇拝

国内 社会 週刊新潮 2019年6月6日号掲載

  • ブックマーク

 神奈川県川崎市の登戸で発生したスクールバス襲撃事件。弁護士の娘である11歳女児と、働き盛りの39歳外交官が犠牲となった。犯行は、エリートの卵だから狙ったという51歳引きこもり男によるもの。そこには池田小事件の宅間守への崇拝がありありと見て取れるのだ。...

記事全文を読む