イケメン演歌歌手が続々デビュー、浅草の老舗CD店を救った“演歌男子ブーム”の裏

芸能 週刊新潮 2019年6月4日掲載

  • ブックマーク

 2003年放映の「冬のソナタ」から始まった“韓流ブーム”は現在、韓国アイドルが注目されて第3のブームになっているという。日本の男性歌手に比べるとダンス、ルックス、歌唱力、すべてにおいてレベルが違うというのが人気の背景にあるそうだ。ところが、

「いやいや、ルックスも歌唱力も共に秀でた男性歌手が出てきていますよ。熱狂的女性ファンがついていて、韓流にも負けていません」(音楽事務所関係者)...

記事全文を読む