「認知症は人格が壊れるわけではないのです」

社会Foresight 2019年5月31日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 5月16日、認知症対策を強化するために開かれた政府の有識者会議で、2025(令和7)年までの6年間で、70代人口に占める認知症患者の割合を6%低下させる数値目標を盛り込んだ新たな「大綱」の素案が明らかになった。さらに、「70代での発症を10年間で1歳遅らせる」という目標も明記。実現すれば、70代での患者を約1割減らせるという。そのための「予防策」をより一層推進させるというこの大綱は、6月にも閣議で決定される。

 この認知症「予防」に取り組んでいる専門クリニック「アルツクリニック東京」の新井平伊院長については、『「認知症」を「予防」する世界初「健脳ドック」の可能性』(2019年5月11日)でご紹介したが、折しも5月31日(金)、認知症をテーマにした映画『長いお別れ』が全国でロードショー公開される。...

記事全文を読む