上り調子の「わた定」に吉高由里子の後輩がゲスト出演、アミューズのしたたかな戦略

エンタメ2019年5月21日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 朱野帰子の同名小説を吉高由里子(30)主演でドラマ化した「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)。5月14日に放送された第5話の視聴率は、スタート以来、最高の9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同じ)と、二桁に迫る勢いを見せている。

 第4話(8.4%)から第5話にかけてゲスト出演していたのが、吉高と同じアミューズ所属の後輩・清水くるみ(24)。「なんだ、バーターじゃないのか」と言うなかれ。ここにアミューズのしたたかな戦略が見え隠れする。

 ***...

記事全文を読む