「トランプ」「毛沢東」が「夢の共演」を果した「広東オペラ」の荒唐無稽

国際Foresight 2019年5月13日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 4月12日、香港で粤劇(えつげき=広東オペラ)の新作『粤劇特朗普』が上演された。千秋楽の15日にはイギリスの『BBC』、アメリカの『CNN』、さらにロシアの通信社などの外国メディアが取材に訪れている。粤劇を研究する友人は、「劇場ロビーには『全院満座(満員御礼)』の札が下がり、粤劇公演では珍しい若者や外国人が客席に多く見られた」と伝えてくれた。

 もちろん、タイトルの「特朗普」は「トランプ」の漢字音訳。主役はドナルド・トランプ米大統領である。

 2014年の秋から初冬にかけて民主化を求めて香港の街頭を占拠した「雨傘革命」以来、政治から芸術まで、北京の中央政府による締め付けは強まるばかり。...

記事全文を読む