令和を考案「中西名誉教授」の非凡な生き様 結婚3度で30歳年下妻

社会週刊新潮 2019年5月2・9日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「令和」を考案した人物は誰か。大方この人だとの報道が絶えないのは、国際日本文化研究センター名誉教授の中西進氏(89)。さすが新元号を創るという大仕事を成し遂げた俊才だけに、その生き様もまた凡人とはスケールを異にしていた。

 新元号の由来となった『万葉集』研究の大家である中西氏は、4月14日に館長を務める高志(こし)の国文学館(富山)で、「令和」の考案者についてこう述べた。...

記事全文を読む