松田聖子、神田沙也加に愛人・ジェフ君を「パパ」と呼ばせ…今も残る母子のシコリ

芸能週刊新潮 2019年4月25日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「貴乃花」家族和解でひもとく有名人「骨肉の争い」――松田聖子

 さる3月4日、松田聖子(57)の姿は、故郷の福岡県久留米市の市民ホールにあった。デビュー直後を除けば実に38年ぶりの凱旋公演。地元のファンに向けて「今日は久留米弁で話すね」と語りかけたという。

 蒲池法子が松田聖子を名乗り始めて40年の月日が流れようとしている。そのキャリアの中で、聖子はヒット曲を通じ、時代を画してきた。他方、少なくない男たちと浮名を流し、それが母や娘との相克を生んだのも事実だろう。...

記事全文を読む